徒然日記 毎日の備忘録

毎日の自問自答を言葉にしたい。

10年前の私へ。

3月11日。きっと私の人生で一番色濃く残っている日だと思う。

この日に何をしようか。

 

私は、学部時代の卒業制作を震災からの復興をテーマにしている。当時は「私には考える責任がある」なんて、思い込みかもわからない正義感で考えていた。

2年前の自分はそれが正解、と思い込んでいた。

しかし、現在思うことは、果たして押し付けではないのだろうか、という疑問。

自分のアンチが居るとするならば、それは自分自身だ。どんどん矛盾に気づく。これはこれとして、新たな答えを今の段階で出したい。そうだ、これを修士で考えてみようか。正直もう見たくない。そろそろあの日から抜け出してもいいのではないだろうか。

 

よくテレビ番組で、「あの日、あのとき」などと特集番組が行われている。

私はそれを一度も見たことがない。興味がないわけではない。

ただ、10年も経ったのだ。

中学2年生だった私も、24歳。何なら、もうすぐ25歳。

語り継ぐことはもちろん大切。教訓をして、残し、伝えなければ。

ああ、どうしたら良いのだろうか。

そんなことをぐるぐると考えながら、

いつもと同じ、一日を過ごせる幸せを噛みしめる。

 

 

10年前の私、頑張ったね、怖かったね。

と彼女を抱きしめてあげたい。

だから、今日は当時聴いていた音楽を聴き、自分と向き合う日にしようじゃないか。

色々の詰め合わせハッピーセット

今日は書こうと思っていた下書きやメモを昇華していこうと思う。

毎日とても忙しいわけでは無いはずなのになんとなく机に向かう時間が少なくなってしまい、いつもの怠惰な人間になっていた。

 

そろそろ頑張らなきゃいけないらしい。

就活、課題、コンペ、セックス、修士論文、、、、、

(男性との情事を間に挟むとなかなか不格好である)

 

果たして私は大学院に進み、時間を得たし、人生の含みをもらっているのかもしれない。それならば、思いっきり今しかできないことをしたい。

就活をするために院進をしたわけでもない。

 

では、今しかできないこととはなんだろうか。バイトか?いやそうではないだろう。

 

今私がなにを思っているのかを分析し言語化しなければ振り返ったときに意味のない院進になってしまう。これ以上コンプレックスを抱えるのはごめんだ。

 

きっと荒々しい私と、迷ってばかりの優しくなろうと丁寧に生きようとしている私をぶつけなければならない。

 

 

 

私は、ひとりっ子である。だから自分の世界を作り上げているし、自分の中で会話を繰り広げる事が好きだ。

 

しかし、その自分を共有できない。それに、素直に感情が出せず甘えたり、欲を伝えられない。

  

だからこそ、自分が素直に甘えたりできる相手がいた場合大事にするし、様々な他人へ対する自分を使い分けている。

 

先日四国へ旅行目的で訪れた。

f:id:memekopuun:20201110182826j:plain旅の相手は学部2年20歳の際に、今の道へと進みたい気持ちを後押ししてくれた、4歳年上の先輩である。彼は当時修士2年の24歳。

永遠に4つ上の尊敬する人である。

私は彼のことが異性としても、人間としても好きである。 

普段は基本的にふざけたことばかり話している。

私の思っていることなどを伝えることは、どうしても恥ずかしくはぐらかしてしまう。

 

初日の夜、私達は過去の自分をどう捉えているかを真面目に語り合った。

彼の人生観に初めて触れた気がした。

 

もっとこの人のことを知りたい。そう素直に思った。

 

(2日目の夜は酔って、貸し切り温泉に2人で入浴し、その後性交渉をするという温泉旅行のド定番を致した


 

 

さて、彼は私にとってどんな自分を作っているだろうか。

子供のようにヘラヘラしているし、真面目なことも、いちゃいちゃする女としての面も、男勝りで負けず嫌いな一人の人間としての面も見せることで使い分けではなく、全て私にしたい。

 

とりあえず、この思いを彼に伝えて見ようと思う。

 

結果はどうあれ彼は受け入れてくれるだろう。関係性の変化はあるのか無いのかわからないけれども…

 

 

久々に自分の思考を整理しながら文章を打ち込み、

拙く、乱雑な文章ではあるが、これはこれで私の黒歴史として公開してしまおう。

 

 

 

比べてしまう 

久しぶりになってしまった。

今日は雨。雨と言ってもしとしと降るタイプの雨。最近はありがたいことにいろんなことがあった。

f:id:memekopuun:20200912182101j:plain

我が家のマド

例えば、作品の共同制作を3件も声をかけていただいたので参加し、そのための昼夜逆転。そして睡眠不足。不摂生。

こんなことが続くと毎回「寿命削ってるのかなぁ」と漠然と思ったりもする。そしてそこまでしてこそ得られる、「生きてるなぁあああ!!!」という感情が好きだ。

しかし、この感情を人にも強要はできない。所謂、ハイになるまでをせず計画的にしっかり予定を維持しつつといった才能を持った子は尊敬するが、正直こちらが辛くなることがある。方向性の違いというやつだろうか。

 

私は、「忙しい」という言葉はあまり使わないようにしている。忙しいと言葉に出してしまうと自分のキャパをそこで決めてしまっている気がするから。頑張れ私。笑

 

 

実は最近の性生活がとても充実している。8月の初めにはじめましての方がとても相性が良かったのである。この事により、誰かとしたセックスを「比べる」という行為を覚えてしまった。

以前私が尊敬している星野源が「比べるのではなく、良いとこところを探す」といったニュアンスのことを言っていた。その言葉に感銘をうけ私も何事もいいところを探すようにしていた。

しかし、セックスという人間の最高に野性的行為に対して「比べる」という定規をみつけてしまった。

 

逆に、自分のインプットを増やせたからこそ、定規ができ、「比べる」ことができるのかもしれない。

 

ちなみに、星野源はこうも言っている。

「行為が終わったあと、自分の性器を先に拭くようなやつはやめておけ」と。

全男性、全女性のみなさんどうぞ参考にしてください笑

 

取り残された私。

最近、大学の学部時代に仲良くしていた友人が会社を辞めた。彼は社会人になってから朝は5時に家を出発し、帰りは23時という過酷な現場で働いていた。その過酷な労働環境は私達の業界でも、そしてその職種ではよく聞く話である。その環境に1年半耐え、晴れて先週辞表をだしたのだそうだ。

 

以前私が驚き、彼の成長を感じた話をしよう。

 

 

よく彼は、お酒を飲むと、朝まで我が家に睡眠を取りに来ていた。その日も同様夜中に彼はやってきて、酒と煙草の匂いを漂わせながら眠りについた。私は他人がいると思うとなかなか眠りにつくことができないのだが、彼とは学部時代何度も夜を共にしているせいか、気にせず眠れた。

ぐっすり寝ていた。日曜の7時ごろだろうか。彼の社用携帯が鳴った。

その電話に、ワンコールで応答すると、彼は「このあと会社に行かなくてはいけない」と言った。

 

そもそも、彼は大学時代、朝は起きないし、授業もでないし、勉強したくないし、といった調子の子であった。

 

その彼が朝7時にかかってきた電話にすぐ応答している。

 

その行動だけでも、私は彼の成長を感じた。私は、これまでなにをしているのだろうか、と心が途轍もなく押しつぶされそうになった。

 

その折に彼は「きつすぎるので辞めたい、絶対やめる」と言っていた。彼はやめることができたが、そもそも会社を辞め、コロナ渦真っ最中に無職になるという覚悟は凄い。しかしそうさせてしまった会社、業界、では回らなくなってくるのではないだろうか。

 

まだ私は学生であり、圧倒的に社会を知らない。経験不足であるため、その様な話題は絶対にしてはいけないと思っている。

しかし、このまま過酷な労働形態が続けばどれだけ、業界にとって痛手になるだろうか。

 

彼は現在、資格取得のため勉強をしているのだそうだ。楽しいと言っている。何故だろうか。それは、きっと、物事が紐付いて勉強できているからであろう。

そもそも興味がないと多くの人は学ぶことはできないのではないだろうか。

もし私が強弁を取る際には、興味を引き出せるように努力しよう。

 

 

なんて、思い出話と、ボヤキである。

 

このあと1,000〜1,500文字のレポートを書かなくてはならない。ちなみにここまでで906文字。意外とすぐ終わるのでは無いだろうかと課題を甘く見つつ、ここらへんで終わろう。

 

 

 

眠れない夜

 

 

夜中で歩く事が私は好きだ。

 

 

しかしこのウィルス騒ぎで20時以降は家に居ることが多くなった。するとどんどん創作意欲が失せていく。(創作と言っても学生コンペの案や自分の架空建築論だが)

 

 

夜は人もまばらになり、家の電気が灯る。家族団欒が伺える家もあれば、一生懸命な勉強の光が漏れる部屋もある。そして、仕事帰り、飲んだ帰り、デートの帰り、そんな様々な事情が伺える。

 

 

人々を見ながら勝手に妄想を膨らませ、1人でずっと自問自答を繰り返すとなんだか頭がスッキリするのである。

やはり、人間観察は辞められない。

 

 

 

この文章を書くようになってからというもの、日々の生活で面白いと思えることを探してメモするようになった。普段から割と面白いことは探していたりするが、些細な事までは見ていなかった。

 

 

すると毎日が楽しくなるのである。

 

 

 

今日はオチが見つからない為、別の話をしよう。

 

 

先日、友人(高校からの女友達)の家に泊まった。

そして、セミダブルサイズのベッドに一緒に寝た。

もちろん、寝たという意味は睡眠を取ったという意味である。しかし、私は同性と睡眠を同じ布団でとったことがない。

 

緊張で眠れなかった。

 

しかも、少し眠れた時間でさえ、知らない女の子と行為に及ぶ厭らしい展開だった。なんてリアルなんだ。実は記憶が無いだけで実際にしていたのではないだろうか、と思う程である。

 

 

そもそも私は人が居るの眠れないたちなのである。

同じ部屋でも眠れない。

 

 

このままでは仮に結婚をしたとしても、寝室を分けることになってしまう。性行為が出来ないじゃないか。大変だ。

少しずつ治していかなければならない。

 

 

 

 

大学生の苦悩

大学生の鬱が急増しているらしい。現在、大学生はオンライン授業と言うなの、パソコンに向かい1人の家で一方的な先生の言葉を聞き、レポートに追われている

 

 

本来、私たち大学生はバイトに恋愛に未来への希望と不安、そんなアンバランスな儚い幻想のような人生の夏休みなのでは無いか。

 

好きなことを追求し、勉強し、吸収し。

そして、オンラインと言う名前の外出自粛。社会への生産性が低く、かといって選択権が与えられ、私達は「今自分が何が出来るのだろうか」というところまで考えてしまう。

 

 

私自身、現在何も出来ていない。限界がきたのだ。5,6月は躁状態鬱状態が交互に続き、そろそろこれではまずいと、少しずつ外に出始めた。

 

この家にいる期間を好機と捉え、別のものを発展させる、それが向かない人間だっているだろう。

 

 

今日、俳優の三浦春馬さんの死去の報道があった。私はいままで当たり前のように見ていた若いお兄さんが死んでしまった。自分で命を絶つという悲しい方法で。

 

 

自分も何かあった時に話せる、そんな人間でいたい

強い気持ちを持ちすぎず気楽に行きたい。

もっと器用に生きれたらどんなにいいのだろうか。

 

性行為はおもしろい

さて、三日坊主にもなれなかった私だが、スキンヘッドは避けようと今文章を書いている。

きっと、更新し続けているだけでセーフなはずだ。きっと。

 

 

前回は少し暗いメンタルヘルス的な話をしたので、性的欲求に逃亡した私のセックスレポートとやらを乗せてみようと思う。

そもそも、このセックスレポートは、私が夜百戦錬磨のちんこに宛てたものである。(字面がおかしい)

 

以下レポート文章

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

一人目【路上前戯】

ナンネ、31歳、実家住まい、IT系、腹筋割れてる

ちんちん ★★☆☆☆

前戯   ★★★☆☆

優しさ  ★☆☆☆☆

フィット感☆☆☆☆☆

S度    ★★★☆☆

M度   ★★★★★

コメント

・自称ドSのドM

・奴隷を募集している様子。

・(ビールを飲みたかったがグッと我慢。)

・乾杯をしてすぐに路上で乳首をいじられる。期待の星3。

・フェラと手コキでイキ寝始める(三こすり半)

 

 

二人目【いつものサーファーおじさん】

PCMAX42歳くらい、実家住まい、格好が異様にサーファー、前は紙タバコだったのにアイコス、紙タバコ臭いっていう

ちんちん ★★★★☆

前戯   ★☆☆☆☆

優しさ  ★★★☆☆

フィット感★★★☆☆

S度    ★★★★☆

M度   ★☆☆☆☆

コメント

・突きあいが長い。(4年前)

・車かっこよかったのに売ったらしい

・メンヘラ

・セックスは普通

・歳の割には元気なちんちん

 

 

3人目【自称わたしのセフレ】

学校の同級生、メンヘラ、くるま、イキリ電子タバコ

ちんちん ★★☆☆☆

前戯   ☆☆☆☆☆

優しさ  ★★★☆☆

フィット感★☆☆☆☆

S度    ☆☆☆☆☆

M度   ★★★★★

コメント

・彼いわく私のセフレらしい。

・車所有の家も近いのでよく乗せてもらっている。

・彼女有り

・メンヘラ

・メンヘラ

・セックスもちんちんも平均以下。

・ちなみに人生の2本目がこの人。(当時は大きいと思っていたのは人生の汚点)

 

 

 

参考ついでに、初体験のレポート

 

人生1本目【メンヘラ故に宗教入信】

高校の同級生、高校3年生大学2年まで付き合う、

私の浮気がバレてメンヘラ化、うちのゴミやモノを漁った挙げ句殴られた為別れた

ちんちん ☆☆☆☆☆

前戯   ★☆☆☆☆

優しさ  ★★★★☆

フィット感☆☆☆☆☆

S度    ☆☆☆☆☆

M度   ★★★★★

コメント

・ちんちんが、ラー油の瓶の形状そのまんま(挿入しているのかわからなかった)

・いつまで経っても三こすり半

・メンヘラ

・メンヘラ

・メンヘラ

・セックスについて思っていたことを言えというのですべて伝えるとEDに。

 

 

レポート提出先【百戦錬磨のちんこ】

声がタイプすぎ、一応ナンネ、こちらから連絡した、Twitterの人、複数好き、紙タバコ最高

ちんちん ★★★★☆

前戯   ★★★★★

優しさ  ★★☆☆☆

フィット感★★★★☆

S度    ★★★★★

M度   ★☆☆☆☆

コメント

・いい具合に雑に扱ってくれる

・その割に行為中に優しく頭なでたり優しくするのは沼(そういうやり口か)

・複数でタバコ吸ってみてたり、携帯いじってたり、おもろい

・ちんちんバリカタなの凄い

・話しやすいから警戒心なくなる、危険

・女の子は気をつけろ笑

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

もしや相手をMにする特殊能力があるのだろうか。こんなふうに冷静に分析したにも関わらず、すこし皮肉が入っているのはご愛嬌である。

 

 

意外と分析してみた結果、これは自分的に面白いと感じる。この「面白い」とはなんだろうか。

相手との行為を振り返り、大真面目に文章を書いている自分が面白いのである。

(ちなみに途中でやめた形式はWordの二段組でレジュメ形式で書こうとしていたし、なんなら大学のレポート用紙に書いてやろうかと思っていた。)

f:id:memekopuun:20200717014349p:plain

 

もしや「エロとは大真面目に面白いものであり、非常に深いもの」なのかもしれない。きっと人間になる際に、脳が発達し思考力が育ったためいろんなプレイや性的嗜好ができ、面白いものに、そして面白いと感じる様になったのかもしれない。

 

 

今日、友人のメス犬(パグ1歳)が可哀想に避妊手術を受けたそうだ。しかし、飼い犬という生き物は飼い主が気付かないうちに妊娠しているケースが多くみられるらしい。

また、生理も見ていて可哀想らしい。飼い犬同士のセックスは堂々と公園や道端で行われているのだろうか。

 

 

きっと、犬同士の行為をみて面白いなどの感情ではなく「しっし!だめえしょ!!」などと、ただのじゃれ合いとしか見ないだろう。

もしかすると、人間も飼われるとその様な気持ちで見られる様になるんだろうか。

これはおもしろい。